医師と出逢える婚活パーティーに行ってみた

婚活パーティーの雰囲気を体験


行ってみて驚いたのは、まわりの女性たちの気合の入りようです。年齢の高い女性ほど服装にも化粧にも気合が入っていて、場違いなところに来てしまったと反省しました。こちらは飲み会のような気持ちで服装もそこそこ、化粧も薄化粧といった身なりだったからです。集まった医師の方々も、また気合が入っていました。いかにもお金がありそうな方が多く、お金のない研修生などは来ていないのだろうなという感じでした。

お見合い形式と違って、立食形式で自由に楽しめたのは良かったです。もっとガチガチのスタイルのお見合いだったら、かなり居たたまれない気持ちになったと思うからです。普通にパーティーをするような感じで、食事と飲み物が提供されて、飲んでいるうちに自然とトークが盛り上がっていくという形式でした。少しお酒が入ってくるとまわりも緊張がほぐれてくるようで、話が盛り上がってきました。

自分にはちょっとレベルの高いパーティーだなと思って、あまり目立たないようにウロウロしていました。そんな中でも、話しかけてくれた男性はいました。28歳ということで年齢も近いので相手も話しかけやすかったようです。今まで同じ医師ばかりを集めた婚活パーティーばかり参加してきたけれども、うまく相手が見つからなかったということで、ラフな感じの女性に憧れているということでした。まだ医師としては駆け出しのような感じがしましたが、お高くとまっていなくて友達のように話せたのが好印象でした。

他に話をしたのは、友達と一緒にですが、40代の方です。心療内科の担当ということで、結婚したらメンタルケアもしてもらえるのかなと思いました。心療内科はそれほど儲からない診療科とは言っていましたが、大学病院に勤めているということで、年収800万円もらっているということでした。その分非常に忙しく、家に帰っても誰も待っていないのが寂しいということでした。最初はお高くとまった人が多いのかと思っていましたが、割とラフで変わった感じの方が多いパーティーだなと思いました。こちらが医療関係ではない一般人でも、ラフに話しかけてくれましたし、まわりの女性もそんな感じでした。

あと、相手がこちらに望んでいるのは「家庭的な女性」「自分の仕事の辛さを理解してくれる人」「思考回路が似ている人」など、割と普通の男性が普通の女性に求めることだというのも意外でした。さすがにそこでパートナーをゲットすることはできませんでしたが、雰囲気を味わえただけでも良い経験になったと思っています。